フィリピン人の奥様との国際結婚体験記 オーバーステイからの国際結婚!在留特別許可への道!!フィリピン交流

国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ

私達が体験したオーバースティからの国際結婚手続き

日本・フィリピン両国で婚姻成立

更新日:

日本・フィリピン両国で婚姻成立

 

日本の市役所(区役所・町役場)で婚姻届が受理され、戸籍謄本にも記載され、ようやく日本国側で正式に結婚が成立しました。次はいよいよ大詰めフィリピン国側での婚姻手続となります。

今の状態は日本国側で正式に結婚が成立したに過ぎなく、フィリピン国側で再度婚姻手続をして、問題なく婚姻の届出が受理されますと日本国側・フィリピン国側での婚姻手続が完了し両国で婚姻成立となります。

在日大使館に届出の際に必要な書類は、各国で異なってくると思いますので、前もってしっかり確認しておいてください。何回も在日大使館に足を運ぶ事になってしまったら大変ですので。

フィリピン国側での婚姻手続は在日フィリピン大使館での手続きとなります。

フィリピン国側での婚姻手続に必要な書類

婚姻受理証明書

戸籍謄本

戸籍課窓口で「婚姻受理証明書」と戸籍謄本を発行してもらいます。

この「婚姻受理証明書」は、「確かに日本の役所で婚姻の手続きを行った」ということを証明する文書です。

「婚姻受理証明書」と戸籍謄本を在日フィリピン大使館に提出しました。

必要書類を提出し問題なく在日大使館・領事館で婚姻の届出が受理されますと、相手国側の婚姻手続も完了です。

幸村と奥様の場合は問題なく婚姻の届出が受理されました。

また、問題なく婚姻の届出が受理されれば、フィリピン国側の婚姻届受理証明書を取得しておきます。 これは後に在留特別許可申請の際、入国管理局へ提出する必要書類の一つとなります。

パスポートを持っていない人は、この時に一緒にパスポートを作成しておくのが良いと思います。
婚姻後の氏名のパスポートは後に在留特別許可申請の際、入国管理局へ提出する必要書類の一つとなります。

こうして幸村と奥様は、国際結婚を決意して婚姻手続きが完了するまで約4ヶ月かかりました。

もちろん国際結婚手続きは初めてのため、必要書類を調べたり・集めるのに苦労したり(本国から取り寄せるため時間がかかったり、取り寄せ忘れたりと・・・。)

仕事の休みがなかなか取れずフィリピン大使館に足を運べなかったり(現在のフィリピン大使館は日曜日は営業しているので、仕事が日曜日しか休めない方には助かると思います。)と時間と労力は掛かりましたが、今にして思えばいい経験だったと思います。

また、幸村と奥様の婚姻手続きは、時間は掛かりましたが、かなりスムーズに行った事案だと思います。

違う外国籍の人だったり、市役所(区役所・町役場)が違ったり、婚姻手続きの事案が複雑だったのなら、手続きや必要書類もガラッと違うものになる場合も考えられ、婚姻手続きも複雑になると思います。

これからオーバーステイからの国際結婚を考えている方は、とにかく婚姻手続の情報を確実にい一つ一つしっかり確認して進めていく事が一番大事だと思います。

そうする事によって婚姻手続きが完了するまでの時間は大幅に短くなると思います。

幸村と奥様の場合も、婚姻手続の事前調査をもっとしっかり出来ていれば、2ヶ月ぐらいは短縮できたのかな、と思うのが今の感想です。

さあ次は在留特別許可です!!!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている記事

-私達が体験したオーバースティからの国際結婚手続き

Copyright© 国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.