フィリピン人の奥様との国際結婚体験記 オーバーステイからの国際結婚!在留特別許可への道!!フィリピン交流

国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ

国際結婚的生活コラム

私の周りの外国人

投稿日:

私の周りの外国人

奥様が働いている会社は、色々な国の外国人労働者を積極的に採用しているので、幸村も外国人の友達が増えました(笑)

(※ここからのお話はあくまで奥様の職場に限ったことですし、幸村の主観が入っておりますので誤解がない様 宜しくお願いします。)

友達の国籍はインド、中国、パキスタン、タイ、インドネシア、フィリピン等さまざまです。

仕事振りを見ていると、仕事が良く出来るのはインド人。奥様の会社には三人のインド人男性が働いていますが、彼らは良く働きますし、仕事を覚えるのが早い。仕事も速い。特に幸村と仲の良いモデル系のムジーブ(仮名)は仕事はもちろん、私生活でもとても真面目です。

奥様の会社での彼は、製造主任という役職に付いていて会社でも一目置かれる存在。
ヘタな日本人より仕事が出来ます(笑)。いや本当に。

そして何よりイスラム教信者としての私生活がすごい!!一日五度のお祈りは絶対に欠かさず、イスラム教の食事の戒律により豚肉は絶対に食べません。豚肉が含まれている加工品なども然りです。

その他にもまだまだイスラム教の厳しい食事の戒律があるため、彼は毎日インドから取り寄せた食材や日本にあるインドのお店にある食材だけを使い、自分で毎日自炊をしています。

またラマダーンと呼ばれる月には(日本の月では10月頃だったような・・・)一ヶ月間もの間、昼間に一切の飲食、喫煙、などを絶ちます(断食)。

彼の生活はアラーの神様 イスラム教が中心にありイスラムの教えを常に守り、仕事と日本の生活に頑張っています。彼は本当にいい男です。見習うべき部分もたくさんあります。

他の二人のインド人は、日本の悪い習慣にすっかり馴染み不良外国人と成り下がっています(爆)。

インドネシアの女性も一人働いているのですが、彼女もまた熱心なイスラム教信者で、しっかり教えを守っています。彼女は日本人の男性と結婚していて子供が二人います。

フィリピン人は幸村が見る限りでは、男性より女性のほうが良く働きます。仕事で何かあるとフィリピン人男性の方はすぐ気持ちが萎えてしまって、仕事のテンションが低くなる傾向が見受けられた。

特にフィリピン人は、人前で注意されたり、怒られるのが相当嫌で傷つくらしく、うっかり人前で注意でもした日には一日中元気がありません。

もっともフィリピン人の彼、彼女達は基本的には明るく元気で楽天的なので、次の日にはまた元気で仕事をこなします。

タイ人女性は二人いて、フィリピン人女性よりはおとなしく感じます。でも彼女達の優しさは、他の国の女性に遅れをとる事はないでしょう。

一度幸村の誕生日の日に、わざわざトムヤンクンを作ってきてくれたことがありました。トムヤンクンといえばタイの代表的なスープです。これには本当に感動しました(涙)。

辛くてすっぱい味付けがとても美味しかった。しかしながらこの時幸村は不覚にもスープに一緒に入っている唐辛子を食べてしまい、一時間ほど程 口から火が出ていました!!激辛だっつーの!!!

トムヤンクンを食べるときには唐辛子には十分に注意しましょう(爆)

そんな愛すべき彼、彼女達と、ずっと仲良くしていけたら良いなと考える今日この頃でした

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている記事

-国際結婚的生活コラム

Copyright© 国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.