フィリピン人の奥様との国際結婚体験記 オーバーステイからの国際結婚!在留特別許可への道!!フィリピン交流

国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ

出会いから国際結婚そして特別在留許可までの道のり

きっかけはフィリピン料理

投稿日:

きっかけはフィリピン料理

 

某食品製造会社に出向に来て約一年。

出向目的の配送部門の強化と安定も、日に日に成果が出てきました。
日本語がうまい奥様が幸村と他の外国人就労者とのコミュニケーションを上手にとってくれ、皆さんの協力のもと製品製造時間が安定した事が最大の理由でした。

幸村も奥様の協力には大感謝していたので、時々皆には内緒で一緒にご飯などを食べに行く仲になっていました。

この頃になると、幸村はフィリピンに興味を持っていましたし、彼女達が何を考え、何を思い祖国から日本に来たのか?日本での彼女達の生活とは一体ど~なっているのかなど興味津々でした(笑)

特に気になっていたのがフィリピン料理。

フィリピン料理って普通に暮らしていたら日本じゃほとんど食べる機会は無いですよね。

世界の三大料理と言ったら、中華、フランス、トルコ料理だし・・・・

フィリピン料理のお店もあんまり見たこともないし、聞いた事もない・・・・・・・
一体どんな味なんだろう??

食べるものに関して幸村は好き嫌いはまったくありません!!味付けも、甘いもの、辛いもの、しょっぱいもの、すっぱいもの何でも来いです(爆)。

そこで奥様に、「ちょっとフィリピン料理食べて見たいんだけど今度食べさせてくれない?」
奥様「じゃ家来る~?いつでも食べさせてあげるよ」

おぉ家でご馳走して貰えるのか!こいつは嬉しいぜ!!彼女の日本での生活も興味あったし、是非、是非お邪魔させて貰って食べさせてと約束しましたねェ

そ2日後ぐらいに奥様に招待され、彼女のアパートへノコノコ出かけていきました。

奥様はこの時、彼女の親戚の女の子と一緒に暮らしていました。さすがに日本に来て一生懸命働いても、給料は高くありません。一人で暮らしていくにはお金が足りないから、一緒に暮らしているらしい。

話が横にずれますが、この時の奥様の給料は本当に安かった。時給は高校生のマックのアルバイトと大差ないような金額でした。しかもお給料は5年勤めていも変わらない・・・・

ごく一般の会社でパートさんやアルバイトさんの場合でも、長年勤めていたり、能力があったりなどのプラスアルファがあれば、時給だって随時アップしてもおかしくないが、こちらの会社は時給アップなんて事はないらしい。

日本語、英語、タガログ語を理解し、ひとつの作業部門のリーダーとして頑張って、人より一生懸命働いている奥様が高校生のマックのアルバイト並みの時給とは・・・・・
奥様いわく「ビザがないからしょうがない・・・・・」と。そんなものなのかとと思いつつ多少の憤りを感じました。

企業の利益追求の一貫としての賃金が安い外国人就労者の雇用は、食品製造会社に限らず色々な企業で行われているはずです。

なかにはオーバーステイと知りながら雇用している経営者もいらっしゃいます。
オーバーステイの彼、彼女たちは本当は働く事が出来ない身でありながら、オーバーステイと知りながら外国人を雇用し、経営者が摘発されるリスクを承知の上でも雇ってもらっている企業や経営者には感謝もしているし、負い目も感じている。

また、経営者側から見れば「オーバーステイでも雇っているのだから多少給料が安くても文句はないだろう」との理論になってしまているのが現状なのではないでしょうか。

もちろん全ての経営者がそうだと申しませんが。

話を元に戻しましょう(笑)

奥様のアパートに招待され、ついにフィリピン料理を堪能する事になりました。(笑)

その時のメニューは、鶏肉とチンゲン菜のフィリピン風味付けスープ。ココナッツ風味のカレーのような食べ物(笑)。テラピアと言う魚料理。細巻き春巻きなどなど一生懸命作ってくれた見たいです。
感謝!

幸村的にはフィリピン料理おいしかったです。ただ日本料理より全体的に味が濃く、油も多めにつかうのでコレステロールが高そうな感じですね。暑い国のお国柄なのかな?

成人病に気をつけなきゃ!!(爆)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている記事

-出会いから国際結婚そして特別在留許可までの道のり

Copyright© 国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.