フィリピン人の奥様との国際結婚体験記 オーバーステイからの国際結婚!在留特別許可への道!!フィリピン交流

国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ

出会いから国際結婚そして特別在留許可までの道のり

一体何から始めれば?

投稿日:

一体何から始めれば?

幸村と奥様が10月に結婚を決意してから、国際結婚の手続きを早速調べだしました。

とにかく何から始めればいいのか、皆目検討がつきません。
特に奥様の場合はビザはもちろんパスポートも外国人登録証も持っていない・・・・

国際結婚はもちろん併せて在留特別許可を貰わないことには、日本での生活が成り立たない。
それからというもの毎日インターネットで、まずは国際結婚の手続きを調べまくりました。

一番初めに思い浮かんだのがオーバーステイ(不法滞在者)でも結婚できるのか?という疑問でした。
(これに付いては、オーバーステイ(不法滞在者)でも国際結婚できるのか?の部分で説明していますので、詳しい事はこちらをご覧ください。)
調べればオーバーステイでも問題なく結婚出来る事が分かり、とりあえず一安心。

手続きの順番はど~するのだろう?・・・・・・
国際結婚をするには結婚要件具備証明書なる証明書を在日フィリピン大使館から発行してもらうことから全てが始まるらしい。

まずは結婚要件具備証明書発行に必要な書類を集める事から始めました。

日本側とフィリピン側で用意する書類があります。

日本側の必要書類は特に問題なくすぐにでも用意できるものばかりです。
日本人側の必要書類
1)戸籍謄本(6ヶ月以内) (原本1部・コピー2部)
2)パスポートまたは公的身分証明書
1)認証済みの出生証明書 (原本1部・コピー2部)
(マラカニアン認証課、フィリピン外務省認証課の認証済みのもの)
2)認証済み両親の同意書 18才~20才の場合 (原本1部・コピー2部)
(公証人役場、地方裁判所、マラカニアン認証課、フィリピン外務省認証課の認証済みのもの)
認証済み 両親の承諾書 21才~25才の場合 (原本1部・コピー2部)
(公証人役場、地方裁判所、マラカニアン認証課、フィリピン外務省認証課の認証済みのもの)
3)無結婚証明書 NSO発行の独身証明書 (原本1部・コピー2部)
(マラカニアン認証課、フィリピン外務省認証課の認証済みのもの)
4)パスポート(原本とコピー)パスポートが無い場合または、パスポートの期限が切れている場合にはトラベルドキュメントが必要です。
尚、パスポートが無い場合には、在日公館にて渡航証明(Travel Affidavit)を発行してもらいます。
5)証明書用写真2枚 (4・5cm×3・5cm)

早速、必要書類を集めるべく市役所に行ったり、フィリピンに電話してフィリピン人側の必要書類を用意して貰ったりとバタバタやっていました。

そんななか、奥様が「以前日本人と結婚した友達のBが無結婚証明書 NSO発行の独身証明書 (原本1部・コピー2部)は用意しなかったよ」と助言されたらしい。奥様は奥様なりに国際結婚をしている友達や知人に色々手続きのことを聞いていたらしい。

奥様曰く「無結婚証明書 NSO発行の独身証明書 (原本1部・コピー2部)は必要ないみたいだから用意しない。面倒くさいし」

幸村「でも法的手続きは書類一つ足りなくても受付して貰えないからとりあえず用意だけでもしておけば?いらなかったら捨てればいいし。何より参考にした国際結婚の手続きサイトに必要書類として紹介されているんだから。」と説明しましたが奥様は頑として幸村の主張を受け入れず、大丈夫、大丈夫、彼女も用意しなかったんだしと結局取り寄せませんでした。

約一ヶ月ぐらいかかりこれらの必要書類を揃えて、まずは在日フィリピン大使館へ結婚要件具備証明書<を発行してもらいに行くことにしました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている記事

-出会いから国際結婚そして特別在留許可までの道のり

Copyright© 国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.