フィリピン人の奥様との国際結婚体験記 オーバーステイからの国際結婚!在留特別許可への道!!フィリピン交流

国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ

私達が体験したオーバースティからの国際結婚手続き

オーバーステイ(不法滞在者)について

更新日:

オーバーステイ(不法滞在者)について

 

 

今現在、不法滞在で強制送還になった場合法律上は、5年間という長期にわたって日本に入国することはできませんし、5年経っても不法滞在での違反歴が残っているので、審査は厳しくなる場合があります。

不法滞在(ふほうたいざい)は、一般に人が出入国関係法令(日本の場合は出入国管理及び難民認定法)に違反した状態で外国(自らが国籍を有する以外の国)に滞在している状態をさす。

外国人が不法滞在者であることのみをもって国外退去を命じることは、難民の人権保護等の観点から問題があるとの意見もあるが、近年の各国の移民排斥の動きを受けて、不法滞在者に対して厳しい措置をとる国もある。

不法滞在は不法残留と不法入国に大別される。不法滞在者は退去強制(いわゆる「強制送還」)の対象となる。

日本にはEU諸国間のように外国人が自由に往来できる制度がないため、日本国籍を持たない人(外国人)が合法的に日本に滞在するためには、出入国管理及び難民認定法(入管法)に定める在留資格のいずれかを持たなければならないこととなっている。

したがって、日本における不法滞在者とは在留資格を持たない外国人を指すと言ってもよい。

  • 不法残留(日本の場合)
    入国する際には空港または港で上陸許可を受け、在留資格を有していたが、定められた在留期限満了後も出国せずに在留していること。(オーバーステイ・超過滞在)
  • 不法入国
    上陸許可を受けず、したがって在留資格を取得せずに入国すること。または、有効でない旅券を用いるなど、不正な手段で入国すること。
    不法入国の手段は、近年では偽変造旅券行使、船舶による密航など多様化している上、人数の把握ができないため、対策が困難なのが実情である。

不法滞在者は法的な地位が安定していないことから刑事犯罪に走る傾向があるとされ、その抑止のため日本では近年不法滞在者の摘発が強化されつつある。

また、日本では昨今の不況を反映して多くの企業で人件費の削減が進められているが、そのために企業が不法滞在者を不当に安い賃金で労働に従事させるなどの問題が表面化している。

参考資料 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

まぁ色々能書きを垂れましたが、ようは日本に住む事が出来る在留資格(ビザ)が無いということです。

では在留資格(ビザ)が無いということはどうなるのか?

・いつでも入管や警察から摘発される可能性があり、本国へ強制送還される恐れが常につきまとう。

・公共サービスが一切受けられない。

・基本的に働く事が出来ない。
※オーバースティ(不法滞在者)と知りながら働かせている事業所などもありますが・・・

などなどオーバーステイ(不法滞在者)には厳しい現実が待ち受けているのです。
もちろん幸村の奥様もバリバリのオーバーステイ(不法滞在者)でした。(爆)

ではなぜ幸村の奥様は定められた在留期限満了後も出国せずに在留してしまい、オーバーステイ(不法滞在者)になったのか?

それは故郷(フィリピン)の家族のため、日本で働いてお金を稼いで故郷(フィリピン)の家族にお金を送りたかったからなのです。

しかし理由の是非は別として、悲しいかな不法滞在者は入管法違反を犯した犯罪者なのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている記事

-私達が体験したオーバースティからの国際結婚手続き

Copyright© 国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.