フィリピン人の奥様との国際結婚体験記 オーバーステイからの国際結婚!在留特別許可への道!!フィリピン交流

国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ

私達が体験したオーバースティからの国際結婚手続き

ビザ(VISA)と在留資格の関係

投稿日:

ビザ(VISA)と在留資格の関係

 

在留特別許可に行く前に ビザ(VISA)と在留資格の関係

在留特別許可取得する前にそもそも査証(ビザ)とは?在留資格とは?についてまとめて見ました。

査証(ビザ) 

ビザとは,在外公館(大使館又は領事館)で発行されるもので,その外国人が持っているパスポ-トが有効であるという「確認」と,ビザに記載された条件のもとで入国させても支障がないという「推薦」の意味を持っています。

ビザ(査証)はパスポートに押されたスタンプです。在留特別許可取得した場合も入管からパスポートに押されます。

参考資料入国管理局フロントページ

在留資格

在留資格とは,簡単に言えば,日本がどのような外国人を受け入れるかについて,その外国人が日本で行おうとする活動の観点から類型化して入管法に定めたものです。

上陸が許可されるための要件の一つとして,外国人の行おうとする活動が入管法に定める在留資格のいずれかに該当していることが求められており,そのいずれかに該当していないときは上陸が許可されないことになります。在留資格一覧表のとおりです。

参考資料入国管理局フロントページ

出入国の審査

外国人や日本人が出入(帰)国する場合,出入国港において入国審査官が審査を行います。特に,外国人の入国については,入国審査官は,その外国人の所持する旅券及び査証が有効かどうか,日本において行おうとする活動が法律に定める在留資格に該当し,一定の在留資格については省令に定める基準に適合しているかどうか,さらに,その外国人が上陸拒否事由に該当していないかなどを審査し,好ましくない外国人の入国をチェックしています。

参考資料入国管理局フロントページ

ビザ(査証)と在留資格は同じ意味合いで考えがちですが、実は別物なのです。

ビザ(査証)は上記での説明の様に、外国人が持っているパスポ-トが有効であるという「確認」と、ビザに記載された条件のもとで入国させても支障がないという「推薦」の意味でありビザ(査証)を持っているからと言って、日本に入国・滞在を保証するものではないということです。

日本に入国・滞在をするためには、入管法に定める在留資格のいずれかに該当していることが求められ(在留資格一覧表)日本の空港(海港)に到着した後、入国審査官による上陸審査に合格し、 上陸許可が出される際に在留資格が決定します(与えられます)。

もちろん適法に外国人の行おうとする活動が入管法に定める在留資格のいずれかに該当してい無い場合は入国審査官による上陸審査は不合格となりビザ(査証)を持っていても日本に上陸する事は出来ません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

よく読まれている記事

-私達が体験したオーバースティからの国際結婚手続き

Copyright© 国際結婚ドットコム 奥様はオーバーステイ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.